スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製カルシウム

4月28日から、ず~~~っと休みなリンム-です

仕事だった方達は、さぞ羨ましい事でしょう(イヤミかっ!!)

しかし、今年は震災の影響もあり、トヨタ関係の仕事をしている僕は、休みが多く残業も減り、したがって給料も減りました

嫁さんはほぼ仕事なので、どこかに行く予定もなく、子供達も友達と遊ぶので、僕はフリ-です(微妙)

お金さえあれば水槽でも立ち上げたいのですが、先立つものもない(泣)

休み前は、やりたい事だらけだったのですが、それも前半で終わってしまいました

あとは水槽の掃除が残ってますが、せっかく「爆走海老」さんに掃除セットを注文してるので、待機中です。

うぅ~・・・水槽立ち上げたい~・・・でもお金がない~

今年ほど休みが長く感じた事はなかったです(仕事の方々には申し訳ないですが・・・)



しかし!!ボ~っとしていては、せっかくの休みが無意味なものになってしまう!!!

それだけは避けねば!!!










     「よし!京都に行こう!!」



・・・・・・って何でやねぇ~~~~~ん!!!

行けたら行ってますよ(笑)  それならまず岡山に行きますよ

僕に今出来る事は「パソコンを見る」か「ジェイボ-ドに乗ってダイエットする」しかないのです!(笑)

最近ビ-が順調な事で、勉強をおろそかにしていました

なので、ビ-を飼育し始めた頃に、夢中でネットで調べていた気持ちに戻ろうと思います!

そういう事で今日のテ-マ、「自家製カルシウム」になりました

先に言っておきますが、今日思いついたので、まだ実行していません(汗)

何故僕がこのテ-マにしたかと言うと・・・・・・ウチのビ-は体色が薄い!!!(苦笑)

だから恥ずかしくてビ-画像をアップできない

なので、いかに濃くできるか真剣に考えました!

いろいろなサイトを覗くと、一般的には「選別を繰り返して色濃い個体にする」のですが、その他のやり方でも色揚げは出来ます(遺伝ではないですが)

まず赤ビ-を例にあげます

ビ-の赤い部分の色揚げは、「キチン質やベ-タカロチン」を与えると発色が上がるそうです

キチンやキトサンは、さすがに自家製とはいきません

ちょっと話がズレますが、さきほど「キトサン」で検索していたら、興味をひく商品があったので思わず買ってしまいました(アレ!?お金ないんじゃ・・・)←多少はありますよ

またブツが届いたらアップップアップしますね

さて次に白色の部分を濃くするものは、「炭酸カルシウム+カリウム+マグネシウム」だそうです

これなら出来ます!!!・・・とエラそうに言いますが、全て受け売りですのでご勘弁を

それも今日からでもすぐ始められます

では、「炭酸カルシウム」の作り方を書きたいと思います

クドいようですが、僕自体まだやってないからね(笑)  なので画像もないです(汗)

まず用意するもの・・・卵の殻、酢、ミキサ-です(殻の個数はお任せします)

卵の殻は約94%が炭酸カルシウムから出来ているそうです!

手順その1・・・卵のKARA殻を洗って乾かします

その2・・・軽く砕き、オ-ブンで数分焼きます(殻だけにカラッカラにします)

その3・・・それをミキサ-にかけると、サラサラのパウダ-(炭酸カルシウム)の出来上がり




     
     「はやっ!!!(笑)」



・・・もちろんこのまま使ってもいいのですが、南斗何と炭酸カルシウムの吸収率は25%程度らしいです

そこで、効率良く吸収率をアップさせる為に「お酢」を使います

なぜ「お酢」を使うかと言うと難しい話になるので、簡潔に言うと「炭酸カルシウムを酢につける事で化学反応が起きる」そうです  つまり”ケミストリ-”・・・・・・ケミっちゃうって事ですね(爆)

では続きを書きます

その4・・・そのパウダ-に「お酢」を加えます(酢は何でも良いそうです)

すると炭酸カルシウムと酢がケミっちゃってブクブクと泡立ちます(水と二酸化炭素が発生)

これで炭酸カルシウムから「酢酸カルシウム」に変わります!

酢酸カルシウムのほうが吸収率が良いそうです(この辺ツッコまないで下さい)

混ぜるほど化学反応が起こり、卵殻パウダ-が酢酸カルシウムへ・・・

その5・・・これをコップに移し、時折かき混ぜつつ、2~3日化学変化が終わるのを待ちます

注※これを書いた人は「その4」の時点で使う時もあるそうです

その6・・・そしてかき混ぜても二酸化炭素のブクブクが出なくなったら、ケミり(流行りなの!?)終了です

その7・・・溶けきってない卵の殻は残して、上澄みを別の容器に移します

その8・・・そしてこれを電子レンジで熱して、水分を飛ばします

その9・・・カピカピに乾燥した酢酸カルシウムをそぎ取り、ミキサ-でパウダ-状にすれば、これで「酢酸カルシウムパウダ-」一丁上がりです

注※その人いわく「実験でやってるので、多少間違ってるかも・・・」との事です

カルシウムを吸収させるメリットは・・・「脱皮不全の防止」、「白の色揚げ効果がある」、「分厚い甲羅が作られる」とビ-飼育者には垂涎の事ばかりですね

しかし、ここで一つの疑問が生じた・・・(ほこたてのパクリ

キトサンが含まれる事で有名な「カニ殻」にも炭酸カルシウムがあるんじゃね!?・・・・・・と思いました

それなら「カニ殻」を今の作り方でパウダ-にすれば、赤と白の両方の色揚げが出来る!!!

・・・・・・と思い調べると、キトサンの原料はカニ殻から「炭酸カルシウム、タンパク質、色素」などを除いて精製するそうです!   う~ん、残念!!

皆さんも自分で試すなり、僕がやった具合を見て判断しても構いません

ただし、自己責任でお願いします(笑)

僕は早速やってみるつもりです

とりあえず今日の晩ご飯は「オムライス」になる予定です(爆)

では結果はまた後日・・・

卵の消費量が確実に上がるリンム-家にポチの祝福を

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

シュリンプランキングが今までで最高の45位になりました  目指せ!40位!

いつもありがとうございます  それでは、シ-ユ-
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

豪勢な連休

いいですね~
って私は休日のが忙しいので逆です(汗)
このところのブログも今、拝見させて頂きました。
お花見や渋滞などなど大型連休らしい話題。うらやましい~
あ、そうそう誘拐の嫌疑はウケましたよ~(笑)
でも、やっぱり素直に自首しようね。あなたのためだから。
うそうそ(笑)

☆厨娘姐さん☆

おはようございます、厨娘姐さん☆
休みは豪勢ですが、中身は質素です(泣)
出かけたのもハナモモと、一昨日隣町のお祭りに行ったくらいです。
先立つものがないと逆に苦痛になると初めて知りました(苦笑)
自首ですか!?やっぱりそうですよね… …って!犯人じゃないからね?(≧∇≦)
寂しい事に、誘拐された社長さんは、もうその時点で殺されてました(泣)
犯人は顔見知りだったと思います。
新聞でもテレビでも大きく取り上げられた事件です(T_T)
暗い話になったけど、今僕は昨日記事にした「カルシウム作り」をチマチマやってます(^w^)
姐さんも仕事頑張って下さいね♪
では行ってらっしゃ〜い(^o^)/

プロフィール

リンム-

Author:リンム-
FC2ブログへようこそ!

リンム-人気記事ランキング♪
謳歌エビ舞会
リンク
アクセスカウンタ-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。